読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*あんみつ*

毎日をちょっと楽しく幸せに。

揺れ動く肩書き。

f:id:a_n_koll:20170504121544j:image

 

 

 

私の今の表向き、社会的肩書きは会社員。もっと言えば事務員。

 

 

 

営業をしていたら営業マン。

 

会社を経営していたら経営者。

 

子どもに勉強を教えていたら講師、先生、教師。

 

結婚して家にいたら専業主婦。

 

 

 

 

 

 

自分から肩書きを名乗る人もいれば、会社や世間から当てはめられている人もいると思います。

 

肩書きは自己紹介の一つで「私はこういう人なんだ。」ということを他人に知ってもらうための一つの道具のはずです。これがないと仕事にならないという人もたくさんいます、個人名だけで仕事になるっていう人の方が少ないですし。

 

 

 

 

私も現在「旅するダイエットカウンセラーみならい」として今は会社員をしながらカウンセラーになるための勉強や自分のことを知ってもらうためにブログを書いています。

 

 

 

でもそれと同じくらい文章を書くことも好きで、書くことを仕事にしたいと思っている自分もいて絶賛揺れ動いている最中です。

 

 

カウンセラーと文字にするとどうしてもカウンセリング中心の生活に見えてしまうけれど、それと同じくらい私の思うことを自由に書きたい、ブログを続けていきたいと思う私もいます。

 

 

 

カウンセラーを取るか、ブロガーの道を行くか。

 

 

…なんか変だと思いませんか?

 

 

自分で自分を制限してるんですこれ。

 

 

ここまで自分の人生に縛りをかけていたなんて気付かなかったから、私もびっくりです。

引き寄せがどうたらこうたら言ってる私がこんなことで悩んでるんだからまじであんぽんたん。まだまだ修行が足りないなあ。

 

 

 

解説すると、

 

 

肩書きにこだわりすぎて自分のしたいことに制限をかけていた

 

ってことなんです。

 

 

こだわるべきはそんなことじゃない。

 

 

 

 

世の中のダイエットに苦しんで自分を見失っている人たちの心をもう一度取り戻すための力になりたい。

 

自分の好きなことを好きなだけ書いて発信して誰かの心がちょっとでも明るくなるようばブログを書きたい。

 

 

どちらの夢も平等で正しくて私のやりたいことなんです。

 

ブロガーが先とかカウンセラーが先とか関係ない。

 

 

 

私は私のやりたいことを自由にやればいいだけ。

 

 

肩書きなんて3文字に縛られ続けて自分の本当にやりたいことをやらない理由にしていた。

 

 

そんな私に気がついたのです。

 

 

書くことだって悩んでいました。

 

 

ライター?ブロガー?コラムニスト?作家?

書くだけでもこれだけの職業名があふれる時代です。

 

 

 

でもさ、

 

 

 

その前にお前書けよ。

 

 

書きたいこと書けよ。

 

 

言葉にしろよ。

 

 

今なら自分のことを叱れます。

優しく、ムチで叩いてやりたい気分、ぺんぺんって。

 

 

 

 

行動しない理由を作ることはたくさん作れます。

これはちょっと長くなるから別のブログでお話ししようかとも思っているんだけど。

 

 

 

やりたいこと一つもやらないで悩み続けるのって辛い反面楽です。

 

だって行動しなくていいですから。

悩んでいるっていう行動でごまかしているだけなんだけど。

 

 

そうやって私も日々トライ&エラーを繰り返して生きています。

 

 

 

私は私。

 

 

「たーちゃん」として私がやりたいことを自由にできる訓練を今は重ねて生きたいと思います。

 

 

 

 

 

たーちゃん