読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*あんみつ*

毎日をちょっと楽しく幸せに。

書くこと。

 

 

 

 

昨日から一日中パソコンやiPadに密着しています。

 

 

下書きに保存したものも含めて10,000文字以上書きました。

 

 

ずっと書き続けていたわけでもなくてスーパーに行って買い物をしたりカフェに行ったりもしたけれど、一人合宿と銘打ったこともあってずっと頭の中にあったのは書くことだけでした。

 

 

自分の中で何を書こうと決めていたわけでもないし、いろんな人のブログを読んで研究したわけでもない、特定の場所に行った記事を書くわけでもない。ただひたすらに自分の心の中で何を書きたいのか相談しながら書いて行くという作業は初めてでなんとなく新鮮な気持ちになりました。

 

 

このブログを始めた当初から知っている方はご存知かもしませんが、私は別に文才があるわけでもない。

正直自分で面白いと思って書いているブログの方が少なくて大体は書いているうちにどんどん終わりが見えなくなってしまうことが多くて半ば強制的に終わらせたような記事もありました。

 

 

 

 

時間がないと言い訳して、適当な文章を適当に置いて終わらせたこともたくさんあります。

 

初期のポエムみたいなやつとかね。うん。見るに堪えない笑 

 

 

 

 

仕事が始まってからは忙しいと言って全く書かないで1日を終える日も増えてきてまたそれに対してストレスを抱え込んでいたこともありました。

 

 

それでもこうしてずっと書き続けていて分かったことがあります。

 

 

 

 

私は書くことが好きなんだ。

 

 

心から自由に文章を書くことが大好きなんだ。

 

 

 

そんな私がいたんだと初めて知りました。

 

 

こうして公の場に文章を置くことは初めてではありません。

 

学生時代は2年間文芸部の部長をやっていたし、大学1年生の時は細々と個人的にブログをやっていたこともありました。

 

 

なぜかその時はやめてしまったけれど。

 

理由も特に何もなかったけれど。

 

 

今私は書いています。

 

 

心から楽しんで書いています。

 

 

ツイッターでも自分の好きなことを好きなように発信して、Instagramでも大好きな写真をたくさん投稿しています。

 

 

誰もためでもない。

 

誰かに強いられたわけでもない。

 

 

私の意思で、発信をしています。

 

 

自分に自信がなくて引っ込み思案で見るものすべてが疑心暗鬼していた私が本当にやりたかったことはこうして自分自身のことを語り続けることだったなんてなんだかとても不思議です。

 

 

人生ってどう転がるかわからないけれどその転がる方向を自分で決めれるんだってことに気が付いたとき、どうしてもこんなブログを書きたくなった。

 

 

純粋に書くことを楽しみながらその先に待っている何かに出会えるのを、今から心待ちにしています。

 

 

たーちゃん