*あんみつ*

毎日をちょっと楽しく幸せに。

好きを選び続けていくために(1)

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170503172620j:image

 

 

大人になればなるほど、自分の中の好きという感情を閉じ込めてしまう人が増えていく。

 

 

 

誰かがこう言ったから、みんなが同じものを選ぶから…。

 

 

 

特に同調意識が強いと言われている日本で自分の好きを貫いていくのってごく少数の人たちの特権だと思われているのも仕方ない。

 

 

でもそういう人たちが成功して新たな道を切り開き続けている。

 

 

 

 

私もそのごく少数の中に入りたい、自分の人生を切り開いて生きて生きたい。

 

 

 

本日最後のブログはこんなお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人にはそれぞれ個性があります。

 

 

優しい人、明るい人、控えめな人、照れ屋さんな人…人の数だけその人だけの個性と特徴があります。お互い違うからこそ喧嘩もするし、理解しようと努力することができます。私たちは生きていく上で一人一人個性を認め合い、共存していかなければならないのだけれど現実はそうもいかない。

 

 

 

本当に自分がしたいことを人に言えなかったり、自分が好きなことを選ぶことができない立場に立たされたりします。

 

 

そこから自分の心からの願いと現実がすれ違うことで不満が生まれて現実に現れるようになります。そんなことを繰り返しているうちにどんどん心がなくなっていって自暴自棄になったり常に死にたい状況を作り出してしまうのではないでしょうか。

 

 

 

要は人間は好きなことしか本当はできないんです。

 

 

 

好きなことをするためにこの世に生まれてきたのだから、1番の目的を忘れて現実に振り回されている状況はただの苦行でしかない。でも不思議とその生活に慣れていくのです、自然と自分を押し殺して生きていくことが普通になってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、ここで今までの自分に一旦区切りをつけよう。

 

 

自分の好きをもう一度だけ手に入れよう。

 

 

あなたの人生の主役は他でもないあなたです。

 

このブログを書いている私もあなたの人生の前ではただの脇役でしかありません。だからこそ私という脇役を使ってもっと輝いて欲しいと心から願っています。

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、 

 

 

あなたの好きなものはなんですか?

 

 

あなたのなりたいものはなんですか?

 

 

あなたはこの先どうなりたい?

 

 

あなたは…。

 

 

 

なんでもいいんです。どうしてもいいんです。

 

この質問に正解はありません。あるとするならばその答えを出した時にある感情だけ。自分が喜ぶ、楽しいと思う選択肢を考えてください。こうしたら周りの人たちに喜んでもらえるだろう、こうやって解答するのが正しい答えだろうなんていう他人任せの考え方は過去の習慣からくるものであなたの本心ではありません。

 

 

 

 

答えが今は出ないという人もいると思います。

 

 

それでいいんです。

 

 

それがあなたの答えだから、その気持ちを大切に扱ってあげて下さい。

大丈夫、すぐに答えを出さなくていいんです。ゆっくりゆっくりあなたのペースで好きを見つけてあげましょう。

 

 今まで現実だけを見てきた頑張り屋さんのあなたから自分の好きを選んで生きていく新しい自分に考え方をずらしていくという新しい作業は時間がかかるし、わからなくて当然なんです。だからこそ何度も楽しんで考えて、定期的に考える時間を作ってみてください。

 

 

そしてそのリストを作っていく。

 

楽しいと思うこと、したいと思っていること、欲しいもの。

 

100個くらいリストにして並べてみると本当のあなたが見えてくると思います。

最初私が書いて見たときは30個くらいで枯渇して本当に頭をひねりながら書き上げました。

 

 

そうして出来上がった100個のリストは辛くなったときあなたの心の支えになります。

 

 

あなたの好きを、もう一度言葉にしてみてください。

 

 

with fun

 

 

 

 

たーちゃん