読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*あんみつ*

毎日をちょっと楽しく幸せに。

シンプルライフに悩まされ気づかされたこと。

 

 

 

前回こんな記事を書いた私。

 

 

a-n-koll.hatenablog.com

 

 

 

シンプルライフ超初心者の私にとってまだまだ無知数なことがたくさんありまして、脳みそは完全ごった返しています。

 

 

 

 

一番悩んでいることは服の問題。

 

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

 

 

 

この本を読んで以前服を大量に捨てたのですがやっぱり困ったのは服の存在でした。

 

 

なんてったって日本には四季があるからある程度服の種類を持ってないと季節の変化に対応できないってことを学びました。

 

 

あとは流行とファストファッションが横行してる問題。

 

日本だけじゃないのかもしれないけれどあえて書きます。

 

 

 

 

どの店行ってもおんなじ服しかなくない?

 

 

 

 

 

 

私がファッションに疎いのは承知の上なのですがどのお店に行ってもデザインが似たり寄ったりな気がするんです。

 

 

そうなると違うのは価格の問題。

 

 

 

色んな安い服のお店が増えたけれどそれに比例して物の持ちも悪くなった気がする。一回洗濯機に入れたらすごくよれよれになったり、100%化学繊維でできた服が主流になりつつあってなかなか質のいい服に出会う機会がない。

 

 

そうはいってもデパートなんて20代の私には敷居が高すぎて何度も通うことなんてできないし。でも質のいい服がほしい。流行に流されずずっと愛せるようなお洋服に出会いたいなあ。

 

 

ちなみに今気になってるのは皆川明さんのmina perhonenminä perhonen)ってブランドです。お高いですが一枚は欲しい。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170422175900j:plain

 

 

 

シンプルに生きていきたいと思っても、駆け出しはやっぱり失敗続きです。

ダイエットカウンセラーも駆け出しだしね。

 

 

 

さっきの悩みは別に服に限った話じゃなくて、身の回りのものだって一つしか残せないなら一番のお気に入りを残したいと思うし、読む本だって吟味して吟味して悩んで選んだものを新品で大切に読みたい。

 

 

 

昔は質より量の生活を選んでいました。

 

 

 

たくさん読書すれば人生が変わると本気で信じていたし、がむしゃらに勉強すればすごい人になれるから勉強し続けなきゃいけないって我慢し続けたときも数えきれないほどあった。

 

 

 

それでも本は毎月たくさん出版される。

世間はめまぐるしく変わっていて勉強しなきゃいけないこともたくさん増えていく。

 

 

 

キリがないんじゃ!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

無理!!!!!!!!!!!!!死ぬ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

シンプルライフを突き詰めたい理由はただ一つ。

 

 

 

『私は私でありたいから』

 

 

 

 

手持ちのものを少なくして手元に残ったものが私の分身。残したものに思い出という名の残り香を香らせながら、日々を大切にしていかないとものに苦しめられることになる気がします。

 

 

 

 

選ぶっていうことは、捨てること。

 

 

無尽蔵にものがあふれる日本で選ばないという選択肢をしなくちゃいけないときは思った以上にたくさんある。

 

 

流行に左右されずお気に入りのものだけに囲まれながら、その輪が誰かとぶつかって新しい感性が生まれて、また新しい私に出会えたならなんて幸せなんだろう。

 

 

 

無理やり物を捨てろなんてことは口が裂けても言いません。

 

 

でも心の風通しを良くするために、思い出を整理するために断舎利をするのはすごくいいことだと思います。

 

 

複雑な世の中で心悩まされることが多いからこそ、生活はシンプルにしたい。

 

 

 

全ては私のために。

 

 

 

たーちゃん