読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*あんみつ*

ダイエットカウンセラー見習いの独り言。

思い込みとアイスラテ。

 

f:id:a_n_koll:20170401144111j:image

 

 

今日は休日。

 

世間ではエイプリルフールです。

 

私は言葉を大切にしたいから嘘はつかないけれど、パロディがいろんなところに溢れていてみんな楽しんでいるならそれはそれで素敵な四月一日になりそう。

 

 

ところで去年の今頃は入社式だったなあ。

 

あれからすごく密度の濃い一年を経験しました。

 

就職して休職を半分ずつ経験して普通の社会人とは別の道を歩くように誰かに言われたような気がします。

 

 

 

 

 

それまでは普通に就職して、結婚して、子育てして、老後をゆっくり過ごすっていう世の中の女性がみんな望むような人生を送るんだと思っていた私です。

 

 

気がついたら夢にまっしぐらに生きていました。

 

 

貯金もツテも何もないけれど、なんだかうまく行く気がする。

 

毎日ワクワクしながら生きることができるようになったのは、思い込みをなくすように生きているからなのかもしれません。まだ途中だよ、完璧じゃないよ。なかなか難しいけど頑張ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばね、ダイエット。

 

あれは体に悪いとか、これは…っていろんな制限をかけてしまうこと。

 

まあファストフードは体にいいとは言い切れないし、甘い飲み物も頻繁に飲むのとかは確かに悪いことなのかもしれない。カップラーメン毎日食べてた時は毎日ゲロゲロしてたし、いい気持ちには程遠いって感じでした。

 

 

 

 

 

まず自分が何が食べたいのか、何を欲しているのかを聞いてあげるのってすごく大事なこと。

 

 

 

 

自分がどう感じているか、それに素直に従っているか。

 

 

 

試しに思考にがんじがらめになっていたこともあって実験目的兼どうにでもなれ精神で好きなものを選ぶように意識的に行動してみたんだけど、体重あんまり変わらなかったです。測ってないから知らないけどまああんま変わってない気がします、気だけ。

 

 

 

この経験から体と心って連動していること。

 

体が欲してるものを心はちゃんと知っているんだなあって改めて実感しました。

 

 

 

 

そもそも時間っていう概念も人間が生きて行く上で必要だと思ったから作られたものなんだから、毎回の食事で栄養バランスを考えるんじゃなくて数日間に分けて考えることも大切で。

 

一回の食事で体に悪いものを食べたからといって、食べ過ぎてしまったからって体ってそんなにやわじゃないからなんとかなるもんです。

 

 

辛い辛いと言って食べ過ぎてしまったり、食べることが怖くなってしまうのは自分の食べたいものを食べてないからじゃないかなあ。

 

 

これが体にいい。

 

あれじゃなきゃダメ。

 

あーでもないこーでもない。

 

 

 

 

知るか。

 

 

 

一度きりの人生だ。

 

 

好きなもんくらい食べさせてくれ。

 

 

食事くらい好きにさせてくれ。

 

 

 

って開き直ることもすんごい大事。

 

 

f:id:a_n_koll:20170401153137j:image

 

 

思い込みをなくすと、自由になれます。

 

それくらい日々自分で作った勝手なルールに縛られてるんだ。

 

気づかないうちにがんじがらめになってるんだ。

 

 

 

 

今日もアイスラテが美味しい。

 

 

コーヒーフロートも美味しい。

 

 

パンケーキも美味しい。

 

 

 

私が私である限り、はっぴーが尽きることはない。

 

 

なんて気取ってみます。

 

 

byたーちゃん