読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*あんみつ*

ダイエットカウンセラー見習いの独り言。

ダイエットの前に。

 

 

先週の土曜日、ダイエット検定なるものを受けました。

 

 

ダイエット検定っていうのは、ダイエットに関する基礎的な知識を学ぶことができる資格で、2級と1級があります。1級は2級に合格していないと取れないので、今回私は併願という形で受験しました。

 

結果は、気にしない笑

 

 

そもそもダイエット『Diet』っていうのは『食事』という意味があります。国会っていう意味もあるけれど、今回政治の話をするわけではないので省略。

 

語源はギリシャ語の『diaita』(引用はhttp://www.eigo21.com/etc/kimagure/007.html から)からきていますが私は

 

 

 DAY  EAT  (一日の食事)=DIET

 

と考えるようにしています。

 

もちろん運動も大事ですけれど、私は食事から直していくのが一番だと思っています。

 

 

 

以前こんなことをつぶやきました。

 

私が太っていた原因はストレスでお菓子を大量に過食したことでした。太る仕組みは摂取カロリーが消費カロリーより多いことで引き起こされるという簡単なルールです。太っていた私がしなければならなかったのはまず過食しなくてもいい状況に転換させてあげることと、十分な休息を取ることでした。

 

それにもかかわらず自分が太っている原因を自分の心の甘さだと勝手に決めつけ無理な食事制限や運動を繰り返していました。

 

 

もう一度言います、原因はストレスによる過食です。

 

一日の食事のバランスが狂っていたのです。

 

 

 

それなのに知識不足が引き起こした無理な減量とリバウンドは体が大きくなるだけではなく心まで侵食していきます。

 

 

どんどん太っていくと

 

 

まず自分に自信がなくなります。

 

次に一日が自己否定から始まります。

 

他人と自分を比べだしては絶望に追い込まれます。

 

 

この繰り返し。

 

人呼んでこれを地獄と言います。

 

 

自分では頑張っているつもりでもその方向が違うだけで全く結果に結びつかないなんてこともある。

 

他人から見ればベクトルがどんどん違う方向に向かっていることは簡単にわかりますが、渦中にいる人間は案外全く気付かないものだったりします。

 

 

 

情報もいっぱいあふれてます。

 

単品ダイエットから、エクササイズ本、エステの新メニューだったり芸能人のおすすめ商品だったり、ダイエットに関するいろんな情報が錯そうしすぎている世の中だなあと常に感じます。

 

 

 

 

 

でも本当の問題ってそこじゃないでしょ?

 

 

痩せたら自分に自信が持てる。

 

痩せたら自分が大好きになれる。

 

痩せたら彼に振り向いてもらえる(または憧れの子に近づける)

 

 

 

これってさっきの太りだしたときの現象とただ反対のことが起こっているだけで、一見いいことのように見えるかもしれないのですが水面下では何も解消していないことがわかると思うんです。

 

 

もともと過食が起こった原因は少なからずストレスによるところが大きく占めています。だからこそ本当にやるべきことはまず自分のストレスと向き合ってどう対処していくのがベストなのか考えていくことだと私は考えます。

 

 

だからこそ体重の増減だけに意識を向けてほしくないし昨日の自分より出来なかったからと言って悩むのではなくて、なぜ太ってしまったのかを考えるべきです。太るという体からのSOSに対してきちんと向き合うこと、決して否定的な目で自分を見ないようにしてください。もう十分苦しんできたんですから。

 

 

そして結果を早く求めすぎないこと。

 

 

焦りはストレスの原因になります。

 

ゆっくりゆったり体重を落とせるように、正しい知識と正しい運動を身につけること。

 

 

それがリバウンドしない本当のダイエットの成功につながっていくと思います。

 

 

一日の食事を大事にしてください。

 

きちんと栄養を摂ってください。

 

自分に対して肯定的な目を持ってください。

 

人間そんなに強い生き物ではありません。ストレスをため込まないでください。

 

 

万年ダイエッターの私から、心からの願いです。

 

 

この思いがどうかあなたに届きますように。

自分を大切にしてね。

 

 

たーちゃん