Forever Journey

ちゃんと食べる、ちゃんと動く、ちゃんと生きる

旅人になりました。

f:id:a_n_koll:20170817113947j:plain

 

 

こんにちは、沙矢佳です。

 

 

ブログのタイトルを「あんみつ」から「Forever Joueney」に変えました。

 

 

「永遠の旅」です。

 

 

元々あんみつっていうタイトルはTwitterの別垢の名前「あんこ(暗い子)」からとったもので、なんとなくつけたもの。特にタイトルに思い入れもなかったのですが、ブログを続けていくうちにあんみつが好きになって食べ歩きに行ったのもいい思い出です。

 

 

それから色んなところに行ったり、様々な分野に足を踏み入れてみたり、たくさんの人の本を読む……。

 

 

ブログを始めてから物理的にもたくさん旅に出るようになりました。

どの一歩も振り返ると一つ一つが素敵な旅で優劣なんてつけられそうにありません。

今でもしょっぱい思い出もあるけれどそれも旅の醍醐味だよね、そんな感じです。

 

 

 

そう、

 

 

 

 

 

私は旅をしていた。

 

 

 

 

 

これまでも、今も、これからも変わらない。

 

 

 

 

私は永遠の旅人。

 

 

 

ようやく気がついたんです。

 

 

 

自分が旅人だってことに気がつくまで、私は自分に色んな肩書きを名付けてきました。

旅するダイエットカウンセラーとか、フォトエッセイストなんて、ね。

これはこれでよかったんです、初めて夢を手に入れられたすごく大切な瞬間だったから。

 

でもその肩書きがどんどん自分を縛ってきて、最近身動きが取れなくなってきました。

ダイエットカウンセラーになろうとすればするほど写真が撮りたくなったり、フォトエッセイを続けているのにどうしても外国語について勉強したくなったり、とにかく移り気。集中力が取り柄だったのに老けたかな、23歳のおばあちゃんです。

 

そんな冗談は置いといて。私の肩書きはこれだから熱ことをしちゃいけないってルールをいつの間にか自分で作ってたみたいです。そんでもって、この悩んでいたモヤモヤは今まで自分につけてきた名前が違ってるよっていう心の中の私からのメッセージだったのかもしれません。

 

 

じゃあ私の本当の肩書きってなんだろう。

考えても考えても自分のことがわからなくて頭を抱えたときもあったけれど、自分の足跡を辿ってみたら旅人って二文字が浮かんできて私のことを離さない。

 

 

 

ああ、そうなんだ。

 

 

私は旅人なんだ。

 

 

じゃあ私はこれから旅人と名乗ろう。

 

 

そんな感じです。

 

 

そう思ったら吉日です。昨日ブログ名とデザインを変えました。

もしかしたら昨日デザインがごちゃごちゃになっているブログをパソコンで見てくださった方もいらっしゃるかもしれないですね、おかげさまで綺麗にリニューアルしました。

 

今までブルーの玉ボケだった背景写真はピンクのシャボン玉になり、全体的なデザインも可愛らしい印象から一気にナチュラルなブログに仕上がって同じ人間が作ったブログとは思えません。

 

 

スマホから見られてる方にも違いをわかって欲しくてはてなブログのタイトル文字を赤くしてみました。もしかしたら気がつかなかったかもしれないなあ…。(スマホ画面はこれ以上カスタマイズできないのです。)

 

 

ついでに過去の恥ずかしくなるような記事は勝手に消しちゃいました。

皆さんが読んでくださっていた記事はきちんと残してありますが、それ以外は一旦ブログを整理する意味で一度削除して新たなスタートを切って行こうと思っています。

 

 

 

どうです?素敵なブログになったでしょう?

 

とは大声で言えないけれど、私はこのブログに大満足です。これから何を書いて行こうかといまでもワクワクしています。

 

 

これからまた肩書きが変わるかもしれないけれど、旅人という肩書きは一生掲げて生きていく気がします。ブログも色んなところを泳いだり迷ったりしていますが、私という人間を発信し続けていきたいという気持ちに変わりはありません。

 

 

 

 

 

こんな私ですが応援していただければ幸いです。

 

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

沙矢佳

「今」あなたがしたいことってダイエット?

 

 

f:id:a_n_koll:20170809093814j:image

 

 

 

 

夏も中盤に入り台風やら暑いやら慌ただしい日々が続いていますが、みなさんお元気でしょうか?

 

 

 

 

私は新しいiPadのキーボードが打ちにくくて死にそうですが何とか生きてます。

冷凍食品が美味しすぎるせいでちょっと太りましたが、まだ辞められそうにありません。

 

 

 

前のブログでもちょっとお話ししたんですが、最近いろんな人に私のブログをご紹介いただいておりまして書いた本人が一番びっくりするとともに感動しているところです。

 

 

 

 

ありがとうございます、紹介してくれて。

 

 

ありがとうございます、読んでくれて。

 

 

 

 

そんな気持ちでいっぱいです。何度も言いますがありがとうございます。

 

 

 

こんなよくわかんない変人ブログを読んでくださって本当にありがとうございます。

 

 

今日たまたまリンクを踏んでここにきたという人もありがとうございます、楽しんでいってくださいね。

 

 

 

これからもここにいるみなさんが楽しく読んでいただけるようなブログにしていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170809094459j:image

 

 

 

さてダイエットとはちょっと離れますが、あなたは「今」何をしていますか?

 

 

 

答えはもちろん、「沙矢佳のブログを読んでいる」ですよね。

 

 

 

このブログを読んでいる方の中には順調にダイエットをして痩せている人もいれば、悩みに悩んで人生まで思い悩んでいる人もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

それでもあなたは「今」私のブログを読んでいます。

 

 

 

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

 

 

あ、ちなみに私は今ガストでモーニングを堪能しながらこのブログを書いています。

税込485円のリーズナブル優雅真っ最中です。

 

 

 

今日はそんな「今」がテーマのお話です。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170809095640j:image

 

 

私たちは自分たちの「今」しか生きられない。

 

 

私たちは自分の人生を他人と比べてみたり、過去を引きずってみたり、まだ見ぬ未来に怯えてみたり、完璧に描きすぎた自分の理想との落差に悩んでみたりする忙しい生き物です。

 

 

 

こんな経験はありませんか?

 

 

 

  • 痩せているあの子を見て自分の体型に自信がなくなる。
  • 痩せていた頃を思い出して今の自分の醜さに落ち込む。
  • ダイエットを続けてるのにこれ以上太ったらどうしようと不安になる。
  • どんなに頑張っても○○kgになれない、理想の体型になれない。

 

 

これは過去の私の姿です。

特に学生時代将来に不安を強く持っていたのを今でも覚えています。

 

 

よく考えてみてください。

 

 

未来は私たちには絶対に見えないんです。

 

 

過去は「今」の積み重ねです。

未来は私たちが思い描いている「今(思い込み)」でしかありません。

 

 

そう、私たちは「今」しか生きられない生き物なんです。

 

 

 

また私たちの生きてきた環境は人それぞれ違います。

 

 

自分の好きなものや嫌いなものが他人と重なるときもあるけれど、一人一人が違う「今」を選択して生きているのだから比較なんてしても意味がない。

 

 

だからといって完璧な自分の理想像を描いてそれに苦しんでいるのは本末転倒。

 

 

それは夢じゃなくて執着っていうんです。執着は自分の中で受け入れて手放していくしかありませんが、無闇に引き離そうともしないでください。無理やり蓋をしても後から大きな塊になって襲いかかってきますので。

 

 

 

何度も言いますが、私たちは今を生きています。

 

 

 

「今」を大事にできない人は、過去も将来も他人も理想も大切にできません。

 

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170809102709j:image

 

 

「どうするべきか」じゃなくて、「どうしたい」?

 

 

じゃあ「今」を生きるってなんなんだろう。

 

 

私はこう答えます。

 

 

「私が望むことを選択すること」

 

 

だと。

 

 

私たちは日々解答欄に正しい(と社会的に考えられている)答えを書くことを求められているから、自分の意思がない生活を無意識のうちに送っていることにすら気づかないときだってあります。

 

 

 

 

 

 

 

それって幸せですか?

 

 

 

 

 

 

  • ダイエットをしているとき食事を我慢することはあなたは幸せですか?
  • したくもない運動を毎日続けることにあなたは幸せをかんじられますか?
  • これが正しいんだと毎回書かれた他人のダイエット本を読んで振り回されることにハッピーだと言えますか?

 

 

 

義務の「今」を積み重ねることは簡単ですが、続けることで不幸の「今」 も同時に積み重なっていきます。

自分で選択をしないということは一見楽に見えますが、自分に自信がなくなり他人やモノに依存するようになります。それが何年と積み重なっていくと考えるととっても辛いですよね。

 

 

依存から脱却するのは簡単じゃありません。

 

 

私もいろんなダイエットに依存して、いろんな人の言葉に依存してきた人間だからこそ辛さが人一倍わかります。

 

 

外食に行ってもメニュー一つ自分で決められないときがありました。

 

 

カロリーで決めてしまったり、糖質量で決めてしまったりして本当に私が望んでいる食べ物を食べれない日々がずっと続いて生きていることすら嫌になりました。

 

 

 

こんな過去の私になる前にどうかあなたが望む選択を選ぶようにしてください。

 

 

「私が『今』どうしたいか。」を基準に選ぶようにしてください。

 

 

あなたの選択が間違ってるかどうかを私が判断することはできません。

あなたが幸せだと感じられることが正解です。

 

 

あなたの人生の舵はあなたのものです。

誰にも何にも預けちゃいけない。

 

 

その積み重ねこそが自信です。

自信がある女性って、すごく魅力的だと思いませんか?

 

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170809105815j:image

 

ダイエットがつらくなったら、自分の幸せを探しに行こう。

 

 

 

この章が最後になります。

 

 

この章はちょっと変わった章なので人にとっては合う合わないがあると思いますが読んでみてくださいね。

 

 

女の子(特にティーンエイジャーの子達)は努力することを求められるからダイエットも努力すれば何とかなる、努力さえすれば結果が出る、って教育を受けてきますよね。

メイクにダイエットに勉強に部活に進路に全力投球。自分のことなんて後回しで努力し続けてきてます、えらい。

 

(もしかしたら男の子もそうかもしれません。でも私は女性なのでよく分かりません、ごめんなさい。)

 

 

でもね、私はそれを「正しいこと」だとは思いません。

 

 

 

努力すれば結果が出るなんて綺麗事で物事を考えたくない。

頑張れば必ず報われるとかそんなの嘘だ。 

 

 

これが私の本音です。

 

 

まるで努力をしない人間はクズだなんてように聞こえるんです。

努力をするという選択をする人もいれば、今は休むっていう選択をする人もいる。

 

 

みんな自分のペースで生きていいんです。

 

 

ダイエットだって同じ。

 

 

したいと思う人はやればいい、したくない人はやらなくていい。ダイエットに疲れたら休んでいいんですよ。他人なんて気にしないであなたの人生を生きるべきです。

 

 

 

なのにみんな努力家(笑)なんですよね。

 

 

 

休んだら太ってしまう、ダイエットしない私はダメな人間だ。

痩せてないから私は幸せになっちゃいけない、痩せるまで楽しみを我慢しなきゃいけない。

我慢我慢我慢我慢我慢の連続こそが人生。

 

 

 

んなルールあるわけあるか!!

 

 

 

今の私なら絶対に逆ギレする案件ですね。

 

 

そもそもあなたのダイエットの目的って何ですか?

 

 

例えば痩せて可愛い服を着て男の子にちやほやされて自分をもっと好きになりたい…とかですよね。

 

 

 

痩せて、幸せになりたいんですよね?

 

 

幸せに色なんてあるんですか?名前があるとでも?

痩せてないと幸せになっちゃいけないんですか?そもそも太ってることは不幸なんですか?

 

 

 

あなたの幸せは他人にしか決められないものなんですか?

 

 

 

違いますよね。

 

 

あなたが幸せだと思うこと、楽しいと思うことはあなた自身が決めることです。

 

 

 

あなたが幸せだと思えばそれが幸せなんです。

あなたが不幸だと思えばそれが不幸なんです。

 

 

 

ダイエットはあなたを幸せにする多くの道の中の一つのはずです。

その道がつまずいちゃったら、別の道に行けばいいんです。

 

 

違う道であなたの望む未来があるかもしれません。

 

 

ダイエットに苦しんでしまったらその道があなたに合わなかっただけのこと。

あなたが楽しいと思う道を選択し続けることは逃げではありません。

他の人が逃げだと言ってもそれはその人の感じたこと、あなたの意思とは何ら関係ありません。

 

 

一度しかない人生の中でつまずかないことなんてありません。

みんなずっこけます、傷だらけになります。

 

 

 

それでも生きているのは、それ以上に楽しいことがたくさんあるからです。

 

 

 

ダイエットにかけてきた時間、お金、思いがもったいなくて元の道に戻れない…なんて人もいるかもしれません。私もそうだったから気持ちがよく分かります。

 

 

 

でもこうして今笑って話すネタがたくさんできているので回収できたかなって感じです。

未来になってからじゃないとわからないこともたくさんありますから笑 

 

 

 

 

痩せるか痩せないかはまず置いといて、ちょっとだけ寄り道しましょうよ。

 

 

 

あなたが楽しいと思うことを探しに生きませんか?

あなたの幸せ探し、してみませんか?

 

 

 

 

 

私はそんなあなたの力になりたい。

 

 

ダイエットを続ける努力にはご協力できませんが、あなたの幸せ探しの努力は全力でお手伝いしたいと思いますので、何かあったらツイッターでも何でもいいのでご連絡いただければ嬉しいです。

 

 

 

メールならこちらから(valleyarrow@gmail.com

ツイッターはこちらから

 

 

Instagram…はいいか笑

 

 

感想とかもいただけたら嬉しいな、なんちゃって。

 

 

ここまで約4,000字弱です。

 

 

こんな長い文章お疲れ様でした、ありがとうございました。

 

 

いつの間にかガストでお昼を迎えてしまったので私はこれから灼熱の太陽の中気分転換にサイクリングでもしようと思います。

 

 

 

ではまた、どこかでお会いしましょう。

 

 

 

沙矢佳(たーちゃん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できない私にI love youを。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170711144234j:plain

 

 

 

 

こんにちは、旅するダイエットカウンセラーの沙矢佳です。

 

 

 

あ、みならいなんで肩書は見逃してください。

 

 

 

今日は今まで散々私のダイエットの話をしてきたので、その先の話をしていきたいと思います。

 

 

 

過去記事はこちらです。

 

 

 

 

私がダイエットをやめた理由。 - *あんみつ*

 

 

私がダイエットをやめた理由の後日談。 - *あんみつ*

 

 

ダイエットをしている君へ。(まとめ版) - *あんみつ*

 

 

 

 今回も長い文章になりそうなので、ぜひ時間があるときに読んでみてね。

 

 

 

今回のテーマはズバリ、

 

 

「ダイエットからの離れ方」

 

 

私の経験や考え方を基に、私なりのダイエットにさよならする方法を考えてみました。

 

 

頭では、ダイエットをやめよう、ダイエットから離れようと思っているのだけれどなかなか行動に移せない。考えてトライしているけれど、気が付いたらまたダイエットの道へ進んでいる…なんて方もいらっしゃると思いますってかいるよね。

 

 

 

 

よく頑張ってますね!

 

 

エライ!!!

 

 

すごいね!よくトライしてるね!!

 

 

大丈夫!!ゆっくりゆっくり治していこうね!!

 

 

 

と本気で思うのです。

 

 

変えようと思っている自分がいるんだ、それだけで素晴らしいんだっていうことを認めてあげてください。

 

 

 

 

そんでもってそんな方の応援も込めて今日は書いていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170712085749j:plain

 

 

 

なぜ私は太ったのか、どうして痩せたかったのか考える。

 

仕事の内容や、友人関係のトラブルを抱えて過食になってしまった…とかいろんな理由が考えられますよね。もしかしたら運動する時間が無くなってしまっただけなのかもしれないし、体力がなくなっていて、体からのSOSなのかもしれない。

 

 

ポイントは、

 

 

自分のせいにしないこと。

 

 

自分のせいにすることほど意味がないことはないです。

 

 

これは主観でしか考えていない証拠。

 

 

 

たとえば、

 

「私の努力不足でダイエットに失敗してしまった。」

 

「私が怠けたから体重が増えてしまったんだ。」

 

 

これに対する自分の回答って、

 

 

「努力すれば何とかなる。」

 

 

っていうことだけなんです。ただの思考停止なんです。

 

 

こう考えるのはすごく簡単です。だって何でもかんでも努力のせいにしてしまえばそれで終わりなんだもん。ほかに改善点を見つけなくていいっていうのは最高の逃げですよね。

 

 

だからこそ自分のせいにしない。

 

 

環境に問題があったんじゃないか、やり方に問題があったんじゃないか。

 

 

こう考えるだけで心が少し軽くなる気がしませんか?

 

そんでもって、ストレスの根源がどこにあったのかを見つめなおすだけで、新たな改善点が見えてきますよね。改善点を見つけるだけでこれからの生活が変わるかもしれない。

 

 

大事なことは、

 

 

『気づく』

 

 

ということ。

 

ストレスに気づくだけでも大きな進歩です。

 

マインドマップを使ってもいいし、ネットで検索をかけてみてもいい。自分の納得できる回答が出るまで、自分と向き合ってみてください。

 

 

きっと新たなあなたに出会えると思います。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170712091618j:plain

 

 

 

やりたいことリストを作ってワクワクしてみる。

 

 

やめようとする努力をしようとしても、なっかなかやめられないですよね~わかります。めっちゃわかります!!

 

 

わかるけど!!

 

 

同じことをずっと繰り返すのも苦しい。

 

 

なんならもっと楽しいことをしたい、自分が喜ぶことをしたい。

 

 

そう思ってダイエットから抜け出した初期、

 

 

100のやりたいことリストを作ることにしました。

 

 

もう大から小までリストを100個うめるまでスタバで粘りました。

 

 

 

私はこれを食べたい、これを飲みたい、ここに行きたい、将来はこうしたい。。。

 

 

 

そんなことをひたすら手帳に埋めていきました。

 

 

これは自分の好きなことを再確認したり、自分のこれからが見えてきたりするのですごく自分の中で楽しい時間でした。

 

 

悲しいことばっかり考えていても仕方がない。

 

 

自分にできることを探すだけもつまらない。

 

 

 

だったら、

 

 

自分のやりたいことを探す、自分がワクワクすることをやろう。

 

 

って感じたんです。

 

 

ダイエットっていう人生をかけた一大イベントに幕を引いて、新しい自分になっていくということを考えたときに私たちはどうしても失ったものを考えがちだけど、その空白にワクワク感を詰め込んでいくのってすごく大事。

 

 

突拍子のないことでもいいんです、自分の気持ちがすべて。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170712093905j:plain

 

 

 

できない私にI love youを

 

 

ダイエットできなかった私を許してあげる。

 

 

痩せられなかった私を許してあげる。

 

 

「大丈夫、大丈夫、よくやったね」

 

 

って褒めてあげること。

 

 

自分を褒めてあげることを毎日やってあげてください。

 

 

何もできなくてもいいの、あなたはそこにいるだけで意味があるんです。

 

 

それこそ体型がちょっとみんなと違うっていうだけで落ち込むなんて本当に意味のないこと。

 

 

 

自分の心、自分の体、自分の個性を一番にしてあげてください。

 

 

自分を責めるとき、辛いよね。

 

できなかったことを考えるのは悲しいよね。

 

 

それを否定するのっておかしくないですか?

 

 

 

自分が悲しいんだからそれでいいんですよ。

 

 

 

 

私が悲しんでいるのに「私」が寄り添ってあげられなくてどうするの?

 

誰かが助けてくれるのを待っているシンデレラの時代を続けるつもりですか?

 

 

 

私を助けてあげられるのは「私」だけ。 

 

 

 

これだけは忘れないでください。

 

 

周りの環境も、他人もみんな脇役。

 

 

人生は一人一人が主人公です。

 

 人生で悩むときがあってもいいじゃないですか。躓かない物語は面白くないはず。

 

 

そこからがターニングポイントになる、これからはもっと楽しくなる…そう考えていきましょう。

 

 

 

 

何よりも大切なのは「今」です。

 

あなたの「今」を大切にしてあげてください。

 

 

 

 

何もできないなんてことはない。

 

 

あなたにできることはたくさんある、山ほどある。

 

 

できないことがあるからこそできることを探すことができるんです。

 

 

 

 

だからもう、自分を責めることはやめてください。

 

 

失敗しちゃったのは自分のせいだと嘆くだけの人生あなたの人生ではないはずです。

 

 

何もできなくても。

 

 

たくさん失敗しちゃっても。

 

 

 

私は私。

 

 

だからもう涙を流すのは終わりにしよう。

 

 

楽しいことをしよう。

 

 

ダイエットに思考を縛られていてもいいんです、そこからゆっくりゆっくり離れていけばいい。

 

 

あなたのペースで、あなたの心で動いていけるようになっていこう。

 

 

 

 

 

辛かったら私でもだれでもいいです、HELPをしてください。

 

自分じゃどうしてもだめだ、つらいっていうときこそ他人がいるんです。

 

 

頼ってください、あなたは一人じゃない。

 

 

ここからでもいい、ツイッターアメブロからでも大丈夫です。連絡してください。

 

 

必ず返信します。できる限り全力であなたを助けます。

 

 

twitter.com

 

 

 

あなたは一人じゃない。

 

あなたの「今」を大切に。

 

あなたの好きが、すべて。

 

 

 

 

沙矢佳

 

 

 

 

 

ダイエットをしている君へ。(まとめ版)

f:id:a_n_koll:20170630232333j:plain

 

 

私たちはどうしてダイエットをしたがるんだろう?

 

 

 

 

「憧れのあの子に近づきたいから」

 

 

「着たい服があるから」

 

 

「見返してやりたい人がいるから」

 

 

「前より太っちゃったから」

 

 

「なんとなくだけど痩せていないといけないから」

 

 

 

 

 

ダイエットを始める人のスタートは人それぞれ。

 

 

どれも正解で間違いなんてないんだけど。

 

 

根本の問題は、

 

 

 

このままの自分じゃいけない!

 

 

 

 

 

と思っているからじゃないでしょうか。

 

 

 

 

今日はそんなお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170429140854j:plain

 

 

 

 

申し遅れました。

 

 

私、

 

 

 

 

沙矢佳(旧:たーちゃん)

 

 

 

 

と申します。

 

 

 

 

旅するダイエットカウンセラー兼フォトエッセイスト

 

 

 

として活動しております。

 

 

 

ならいなんですけどね。(先言おうか)

 

 

 

 

 

こんな気持ちで活動を続けています。

 

 

ダイエット歴は10年以上、非嘔吐過食をずっと続けてきました。

 

 

ついでにカメラ歴はまだ2年半くらいのぺーぺーです。

 

 

 

私のダイエットの話はこちらの過去記事を参考にしてください。

 

 

 

私がダイエットをやめた理由。 - *あんみつ*

 

私がダイエットをやめた理由の後日談。 - *あんみつ*

 

私の日常のこととかトレーニングを再開することとか。 - *あんみつ*

 

 

 

 

 

主にツイッターを中心に私なりのダイエットに関する知識であったり、心の持ちようについて発信してきました。

 

 

 

2月から始めて約半年。

 

 

 

一番に私が言いたいことはこれでした。

 

 

 

 

 

 

生活基準をダイエットにしない。

 

 

 

言葉にすれば簡単です。

 

 

 

 

 

他人と同じ体型になんてなれません。

(他人だもの)

 

 

あなたの好きで似合う服なんて探せば星の数ほどあります。

(日本製でだめなら海外もあるじゃない!)

 

 

 

 

ダイエットを心から望んでいる人はそのままで大丈夫、その気持ちは間違いじゃないから。

 

 

 

 

 

でも、大多数の人がそんなわけないと思ってるはず。

 

 

 

 太っていること=悪

 

 

という考え方がはびこる世の中で太っていることは相当のメンタルがないとやっていけない。

 

 

だからこそ、

 

 

ダイエットすることが普通になっていく。

 

 

痩せていないといけないと思考がエスカレートしていく。

 

 

考える基準がダイエット中心になって、常にカロリー計算して運動していないと不安になってしまう。

 

 

 

私もその気持ち分かります。

 

 

 

分かるからこそ気が付いてほしいんです。

 

 

そうなった時点で

 

 

あなたの人生がダイエットに奪われているということに。

 

 

他人からのいいねが欲しいために、「痩せていないといけない」という呪縛から逃れられないからがために、あなたの人生が消費されているんです。

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、ダイエットが楽しいと思ってやっている人はそのままでいいんです。

 

 

楽しいと思って続けられているならそれは正しいダイエットです。

 

 

 

でもダイエットが苦しい、もうやめたいのにやめられない。

 

 

 

毎日が不安で仕方ない。

 

 

 

そんな人は読み続けてみてください。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170505143942j:plain

 

 

冒頭でもお話ししましたが、このままの私じゃいけない!って思っている人ってきっと自分に対する期待値が高い人なんですよね。

 

 

そして高確率で、

 

 

自分のことが嫌い。

 

 

 

 

自分のことが好きな人はダイエットなんてしません。その人が好きな体型を楽しんで維持しています。

 

 

どんな外見になったって、私は私。

 

 

自分のことを好きになるための手段としてダイエットをしてほしいんです。

 

 

 

自分のことが嫌い≠太っていること

 

 

ついでに

 

痩せていること≠幸せ

 

 

なんだってことを忘れないでください。

 

 

今不幸だと思っている人は痩せたってどうせ別のことでまた不幸だと思ってしまいます。

 

 

自分のことが嫌いな人は痩せた自分しか愛せないから、不安でリバウンドする確率もすごく高くなります。

 

 

 

自分のことが嫌いな人が本当にするべきことは、ダイエットなんかじゃない。

 

 

 

自分と和解すること。

 

 

そして

 

 

本当の自分の気持ちに気づいて、自分のための人生を生きていくこと。

 

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170422163710j:plain

 

 

 

自分のことを好きになる方法はこのツイートに書きました。

 

 

 

4つしかありません。

 

 

 

「私は今どうしたら幸せになれるんだろう」

 

 

「私が本当にやりたいことは?」

 

 

「私はどうなりたい?どうしたい?」

 

 

 

自分に毎日、何回でも問いかける癖をつけてみてください。

 

 

最初は何も聞こえなくても大丈夫、根気強く聞いてみてください。

 

 

向かうべきは自分です。

 

 

何も聞こえないからと言ってあきらめないで。

 

 

聞こえたのに応えられなくても落ち込まないで。

 

 

他人が何と言おうと、自分の本当にやりたいことに正直になってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

自信は、自分を信じると書きます。

 

 

 

自分の感覚を信じる。

 

 

 

自分の心の声に正直になる。

 

 

 

これが自分らしさにつながって、個性を創ります。

 

 

この気持ちは痩せていても太っていても作れます。

 

 

お金がなくたって実践できます。

 

 

 

自分の気持ちに正直になって、自分のことをちゃんと好きになってあげてください。

 

 

 

じゃないといつまでたっても不幸のまま生きていくことになります。

 

 

今幸せになれない人は、いつまでたっても幸せになれません。

 

 

痩せてないから不幸、じゃないんです。

 

 

今「私は不幸だ」と思っているから不幸なんです。

 

 

 

 

 

今、自分のことを不幸だと思っている人もいるでしょう。

 

 

 

今、ダイエットに苦しんで不安に心がつぶされそうになりながらこのブログを読んでくださっている方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

大丈夫、その不安はあなたのターニングポイントになります。

 

 

何とかしなきゃいけないと思う気持ちを、時間を、自分のために向けてあげてください。

 

 

 

 

私のツイートのようになれるように、ここまで気持ちを引っ張ってみてください。

 

 

 

 

 

 

大丈夫、あなたは変われます。

 

 

 

私もこんな時がありました。

 

 

 

 

 

 

 

私でもここまで変わることができたんです。

 

 

 

大丈夫、一人で抱え込もうとしないで。

 

 

 

あなたは一人じゃない。

 

 

 

 

ダイエットの不安と戦っている人はあなたが思っている以上にたくさんいます。

 

 

 

大丈夫、この世界はあなただけじゃない。

 

 

 

手を広げればたくさんの人があなたを助けてくれます。

 

 

 

大丈夫、大丈夫、大丈夫

 

 

 

 

あなたは何度でもやり直せる。

 

 

 

もしそれでも不安になった時は、ここでもツイッターでも、私に頼ってください。

 

 

どこからでも連絡してきてください。

 

 

できる限りのことをお手伝いさせていただきます。

 

 

 

あなたは一人じゃないってこと、

 

 

 

あなたは必要な存在なんだってこと、

 

 

 

 

 

 

これだけは忘れないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

沙矢佳

私の日常のこととかトレーニングを再開することとか。

 

f:id:a_n_koll:20170627090955j:plain

 

 

 

どうもどうもこんにちは、沙矢佳ことたーちゃんです。

 

 

また亀のような更新になってしまってます。

 

 

なんかね、最近いろんなところで私のダイエット談が広まってるみたいですごくうれしいです。

 

 

あ、これです。

 

 

 

私がダイエットをやめた理由。 - *あんみつ*

 

 

私がダイエットをやめた理由の後日談。 - *あんみつ*

 

 

良かったら読んでみてください。

 

 

あなたの人生のヒントがどこかにあるかもしれません。

 

 

さてさていろんなところで反響があるこの記事たちを経てなんだか私、

 

 

 

 

有名人になった気分です(絶対違う)

 

 

 

本当に一発殴られたほうがいいと思う。

 

 

あ、有名になりたいのは事実です。

 

 

だって、いろんな女の子とお話しするの大好きですもの笑

 

 

 

そんなダイエットに苦しむ女の子たちを助けたいとかダイエット辞めたとかいろいろほざいてる人間ですが、ようやく何となく体を動かしたいと思いましてもう一回最後のトレーニングに励もうかなと思っています。

 

 

 

題して『一生続けられるトレーニング』です。

 

 

 

…まんまやん。

 

 

 

ジムとか行きません、ウェイトは使ったり使わなかったり、まあ気分。

 

 

食事は最近偏りがちなのでビタミンミネラルのサプリメントと、プロテインを使おうと思ってます。

 

 

やりたいときにやりたいだけやる。

 

 

 

ゆるっゆるんです。

 

 

 

筋トレも有酸素運動も、全部自分の体調と気分で決める。

 

 

 

だって、私の人生はトレーニングじゃないもの。

 

 

私の人生は私のもの。

 

 

どんな時でも「私」が一番上に来るようにしてあげないと、最後に苦しむのは「私」。

 

 

よく食事制限とかトレーニングを義務にしている人がいて、毎日コツコツやるのが大好き!っていう人もいるんですよね。

 

 

すげえなーって思います、マジで。

 

 

 

私できないもん!

 

 

できる人はいいんです、それがあってるんですから。

 

 

できない子もいいの、できないことは無理してやるもんじゃないよ。

 

 

 

 

一番大事な「自分の気持ち」を消さないようなダイエットをしよう。

 

 

 

たぶん私が一番言いたかったのはこれです。

 

 

 

 

 

ちなみに今回私はダイエットするわけではありません。

 

 

体力をつけるためと、見た目を引き締めたいなーってふと思ったからトレーニングします。

 

家にずっといると睡眠時間も狂ってくるし、暇だし、運動ってリフレッシュ効果があるから生活にもう一度取り入れるだけでそれでやせようとか一ミリも思ってません。

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170627093814j:plain

 

 

 

ちなみにこのトレーニングに励む前にちょっとやったことがありました。

 

 

 

 

断舎利です。(漢字これで合ってるっけ?)

 

 

 

部屋を軽くしました。

 

 

 

使ってないもの、着古した服、書籍。

 

 

 

めっちゃ捨てました。

 

 

この前の断舎利以上に捨てたような気がします。

 

 

本は、ほとんど捨てる前にキンドルで買い直ししてから捨てているので紙がすべてデータになった感じ。

 

トレーニングの本とかもIpadIphoneで読めるようにしたので逆にやりやすくなったかも。

 

 

今後も外に出ることが多いと思うから、電子のキンドル端末も買ってどこでも本が読めるようにしていこうと思ってます。

 

 

なんだかできる子みたいでしょ。(実際は以下略)

 

 

 

 

断舎利に続いて家の掃除もしました。

 

 

掃除って結構トレーニングにいいんですよ。

 

 

掃除機をかけて、棚を拭いて、窓も綺麗にして…。

 

 

探せば探すほどに汚れは見つかるし、どんどんきれいになっていくのが見てわかるのでめっちゃやりがいもありいい運動にもなるんです。

 

 

ポイントは

 

 

 

自分の部屋だけじゃなくて、家全体を掃除すること。

 

 

 

全体を見る癖がつくと、段取りがわかるようになります。

 

 

時間配分を考えたり、自分の体力を考えどうやって掃除しようかという癖がつくと実生活でも結構役に立ったりするのでお勧めです。

 

 

 

 

物を捨てて身の回りをきれいにすると心も不思議と軽くなるので、次のステップに移りやすくなります。

 

 

 

掃除をしながら音楽を聞いたり英語の勉強をしたりとか別のこともやりながらやるとなお作業効率もアップしますし、あなたなりのけじめになるのではないかと思います。

 

 

 

 

捨ててみてわかることもたくさんあります。

 

 

 

 

いかにモノに依存して生きているかということ。

 

 

 

 

これには私もびっくりしました。

 

 

買って満足したモノもたくさんあるんです。

 

 

要するに使われない、置物。

 

 

モノは使われるためにあります。

 

 

使われずに買って満足だけして使わないものが私の周りに思った以上にたくさんありました。どれもこれもほとんど新品のようなものばかり、もったいない。

 

 

 

もったいないからこそ、さよならしました。

 

 

 

 

 

使われないモノはただの場所をとるオブジェと変わりありません。

 

 

 

どんなに思い出があっても、愛着があっても使ってあげないとモノの命が勝手に擦り減っていっていつの間にかごみになってしまいます。

 

 

 

 

だから自分への戒めを込めて、捨てました。

 

 

 

 

 

もう二度とこんな失敗をしないように。

 

 

今度はちゃんと使ってあげよう。

 

 

 

 

安いから買うんじゃない、欲しいから買うんだ。

 

 

高いから買うんじゃない、使うから買うんだ。

 

 

 

そんな決意を込めて。

 

 

 

ダイエットも同じこと。

 

 

 

 

安いから買うんじゃない、食べたいから買うんだ。

 

 

おなかを満たしたいから食べるんじゃない、

 

 

 

 

 

幸せになりたいから食べるんだ。

 

 

 

 

 

 

幸せに食べることができている人ってこの世にどれくらいいるんだろう。

 

 

自分の食べたいものきちんと食べられている女の子はどれほどなんだろう。

 

 

 

 

 

雑誌やメディアでは毎月のようにダイエット情報であふれていて、とにかく低カロリー高栄養のものばかりがたくさん目に入るような世の中だけど。

 

 

 

 

本当に大切なことは、

 

 

自分の食べたいものを食べて幸せになって理想の体型を維持すること。

 

 

 

人間の体はうまくできているから、ちょっとやそっとのバランスが崩れてもきちんと維持しようとする力があります。

 

 

そのバランスを崩すような暴食や、自分の好きな食べ物を食べない生活を続けていたらその軸すらも狂ってしまう。

 

 

 

食べたいもの、食べてください。

 

 

動きたいだけ動いてください。

 

 

ストレスになること、減らしてください。

 

 

 

きっとこの文章を読んでいるあなたはすごくまじめな人。

 

一生懸命ダイエットをして、我慢をして、すごくすごく努力した人。

 

ダイエットに関する勉強もして、運動もして、日常生活も全力で頑張ってきた人。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく頑張りました。

 

 

 

 

結果だけが世の中すべてじゃないよ、

 

 

 

頑張ってきたことは一生の糧になる。

 

 

 

 

 

だからもうちょっと力を抜いて。

 

 

 

ペースを落としてみよう。

 

 

 

本当にあなたがすべきことはなんですか。

 

 

 

 

本当にあなたがやりたいことはなんですか。

 

 

 

 

 

自分に戻ろう、還ろう。

 

 

 

 

わたしたちは何度でやり直すことができるんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生はトライ&エラー。

 

 

 

 

 

あなたであること、あなたらしくあること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めないで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沙矢佳

私がダイエットをやめた理由の後日談。

f:id:a_n_koll:20170530223600j:plain

 

 

 

こんにちは、気が付けば今年ももう半年が過ぎてもうすぐ夏がきちゃいます。

 

 

 

お久しぶりです、沙矢佳ことたーちゃんです。

 

 

こちらではまだ本名に変更してないと思うので両方書かせていただきました。

 

 

呼ぶときはどっちでも反応するので、なんとなく適当に呼んでくださいな。

 

 

 

さていつぞやかに私はこんな記事を書きました。

 

 

何度自分で読んでも新鮮で飽きない、心臓にぐっと刺してくるような魅力的なブログにできたんじゃないかと自画自賛するレベルで上手に書けたものだと思っています。

 

 

いわゆる自信作ってやつです。

 

 

 

a-n-koll.hatenablog.com

 

 

 

 

今日はその後日談と現在の心境についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

ダイエットをやめて一か月。

 

 

前にも書きましたが後遺症は思った以上に心に棘をさしてきました。

 

 

まずは体重の話から。

 

 

あのあと10日後くらいにやっぱり適応障害が再発して現在また休職中の身となりました。

 

 

会社に行くだけで精いっぱいだった私の体力は思った以上に落ちていて、筋肉だけで言えば1キロ以上は落ちていたと思います。

 

休職して数日くらいは起きることすらもできなくてご飯も食べれずずっと寝ているだけ。

 

 

 

 

 

過食分以上に体重が落ちて喜ぶ私がいました笑

 

 

これを世の中の人間はアホと呼ぶのでしょうね。

 

 

まだ体重にとらわれていた私がいたのです。

 

 

そのくせ食べないで筋トレするもんだからもう体重は落ちる落ちる落ちる…。

 

 

 

 

馬鹿です。

 

 

大馬鹿者でした。

 

 

まああとはご存じのとおり過食して元の体重に戻りましたとさ、終わり。

 

 

 

この流れは1回目の適応障害のときに学んだはずなのですが、また繰り返しました。

 

 

 

それくらい私の中で痩せていることにこだわりがあったんですね。

 

 

 

もうそんな概念はとっくに捨てたはずだったのに、何度でもぶり返すくらいのコンプレックスの塊が私の中にあったことにびっくりしました。

 

 

 

そんなわけで、ダイエットをやめても体重が上下しまくり睡眠時間もころころ変わり、病気で動けなくなったり思考がぶっ飛んだりする生活を送っています。

 

 

 

ぶっちゃけ不健康☆

 

 

つらいよ☆

 

 

 

 

これが私の近況です。

 

ダイエットをやめても後遺症があるから気を付けてください、まじで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で終わりなわけではありません。

 

 

ブログのほうはまだ続きますのもう少しスクロールしてくださるとうれしいです。

 

 

 

あんなふざけた近況で終わらせるとかないですから、こっからが本番ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a_n_koll:20170604002813j:plain

 

 

先ほどの話と関連が少しあるのですが、この異常なまでの体重への執着って言ってしまえば

 

 

 

 

『自分自身への欠落がある。』

 

 

 

と思い込んでいる。

 

 

 

ことが問題だということに気が付きました。

 

 

 

 

 

ダイエットしたいって思う人は、

 

「もっときれいになりたい!」

 

なんて前向きに思っていません。

 

 

「こんなデブな自分が嫌だ!」

 

 

っていう強い自分自身への否定からの行動です。

 

 

 

自分が嫌いだからダイエットという行動でコントロールしようとします。

 

 

でも人間だもの。

 

 

 

どう頑張ったって、欠落は必ず存在します。

 

 

痩せ満足するならそれで結構、でもたいていの人はもっと痩せないととダイエットをエスカレートさせたり、整形にお金をかけたり、我慢の反動でお買いもの症候群になったりします。

 

 

 

自分の欠点は探そうと思えばいくらでもあるのです。

 

 

 

だって見つけた途端、それが欠点になるのだから。

 

 

他人との比較、インターネットや世間からの情報、過去や将来の自分と比べたりすれば星の数ほど出てきます。

 

 

人間、そんなもんです。

 

 

 

 

 

逆に私はこれで満足だ、私は私で大丈夫と思えば話は別。

 

 

 

私は私であることを認めること。

 

 

これをあなたは逃げと取るか、肯定と取るかはその人によると思います。

 

 

私は、この考え方のほうが好きです。

 

 

私は私であることを誇りに思っていて、どんな姿になってもどんな道を選ぼうとも私は私を信じている。

 

 

こうはっきりと言える女性は素晴らしいと思いませんか?

 

 

他人は他人でしかありません。

 

 

世間はその時々の風潮によって意見が左右されます。

 

 

こんな不安定な時代、「私」という支えてくれる人がいなければいつだって簡単に人は倒れてしまうと思うのです。

 

 

 

本当はあなたの欠点だってカードの表と裏のようにひっくり返せば長所にだってなりえます。

 

 

私の体重への執着心も真面目ととらえてしまえばそれまでです。

 

 

こんなこと言ったら極端だと怒られてしまうかもしれないけれど、人間一人一人に欠点なんてものは存在しないのかもしれない、最近はそう思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

人はそれを個性と呼ぶんじゃないかと考えるようになったんです。

 

 

私はそんな自分の良さを自分自身が認めて新しい「私」という道を歩んでいくお手伝いができるようなカウンセラーになりたいと思っています。

 

 

 

もちろんすべてのダイエットに対して批判をしているわけでもありません。

 

 

日々ダイエットに取り組む女の子を応援する立場でいたいと心から願っています。

 

 

 

だからこそ正しい知識を持って、前向きな意思を持って取り組んでほしいのです。

 

 

あんな服が着たいから頑張る、あんな体型になりたいから頑張る。

 

そんな明るい気持ちでダイエットをしてほしいと思っています。

 

 

 

 

 

自分自身のことが嫌いだから。

 

 

太ったのは私が怠けたせいだからだ。

 

 

あなたが自分のことが嫌いなのと太ったのは別の現象です。

 

 

あなたがまずするべきこと自分自身と仲直りすることではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

私もまだまだできないことがたくさんあって、自分自身と向き合う時間は前よりも増えたけれど認められないこともいっぱいあります。

 

 

体に関するコンプレックスはほんのり残っているし、まだ体重に左右されるし、将来への不安も数えたら数えきれないほどあります。

 

 

 

でも、一つ一つ前向きに解決していこうと思っています。

 

 

 

毎日ゲーム感覚で悩みを消していけたらいいなあなんて思いながら明るく生きることにしました。

 

 

 

 

せっかくまた病気になっちゃったし、時間だけはいっぱいあるからこの心と体ともうちょっと向き合ってみてもいいかなあなんて余裕も作れるようになりました。

 

 

 

そんな感じで徐々に徐々にでいいんです。

 

 

焦ることも他人と比較する必要もありません。

 

ゆーっくりあなたの歩幅で歩いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが、私からのメッセージです。

 

 

f:id:a_n_koll:20170604002902j:plain

 

 

ケ・セラ・セラ

 

 

なるようになる、どうにかなるさっていうスペイン語です。

 

 

 

人生何度でもやり直しは効きます、ダイエットも続けりゃいいってもんでもありません。

 

 

あなたがあなたらしく生きることを、私は心よりお祈りして本日のブログを終わりにしたいと思います。

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。

 

 

沙矢佳(たーちゃん)

 

 

 

私がダイエットをやめた理由。

 

f:id:a_n_koll:20170505220244j:plain

 

 

 

私は人生の半分以上をダイエットに費やしてきてこれからも一生ダイエットを続けていくんだと思っていた。

 

 

私は太っているから不幸せ。

 

だからダイエットをしなくてはいけない、そうしないと幸せになれない。

 

 

本心からそう信じてきました。

 

 

今まで息を吸うようにダイエットをしてきたからダイエットをやめよう!はいやめた!と決めてやめたわけじゃない。

 

 

気が付いたらふーっと消えていきました。

 

 

 

 

 

そんな私ですが、今でもダイエットの後遺症と戦い続けています。

 

 

食べ物をみたらカロリー計算をしたくなるし、運動しなくちゃやらなくちゃ、これを食べちゃダメあれを食べたら太る…そんな思考が一日のうちに何度もやってきます。

 

本屋さんに行けばダイエット特集に思わず目が行ってしまうし、ドラッグストアのダイエットサプリの裏面を気が付いたら熟読しているときもあります。

 

 

言ったら今が一番つらい時期にいるのかもしれません。

 

 

 

 

 

私は痩せたからダイエットをやめたわけでもありません。

 

 

 

だからと言ってそれほど太ったわけでもありません。

 

 

 

ぶっちゃけ2、3キロくらい戻ったくらいですかね。

 

 

測ってないからわからないや。

 

 

私のダイエットをやめた理由。

 

 

良かったら読んでみてください。

 

 

続きを読む